シールの基本構成
シールには表面材質素材のほかに、表面加工や糊の種類までたくさんの種類があります。

シール印刷は、ロール状になったタック紙(粘着紙)に印刷し、型抜き加工をしたあと不要なカスをめくりあげて製作します。 他の印刷製作方式と比べ、ラミネート加工や外形抜き加工仕上げが一工程で行えるといった特性をもっています。
そのため、コスト的にも安価に抑えることのできる場合が多く、シール・ステッカーの製法としてもっともよく用いられています。

シール基本構成
シール素材・材質について
シール本体のことで、シールには様々な色と素材があります。
詳しくは、シールの種類をご覧下さい。
表面加工
シールには用途にあった様々加工があります。加工次第でいろいろなシールが作れます。
表面加工の役割としては素材となるシールやインクを保護し、ツヤ・光沢をもたせる事ができます。

PP貼(一般的)・PETラミネート(野外用)があります。
※表面加工は絶対に必要な訳ではございません。材質によっては「表面加工なし」でも、問題はありません。

そのほか、ホットスタンプ(箔押し)、ハーフラミネート加工、エンボス加工、ポッティング加工、 スクラッチ加工や台紙にはミシン加工などがあります。

PPラミネート シール表面を保護するだけでなく、ツヤを出しインクの色も鮮やかになります。
また逆に、ツヤ消し用の、マットPP貼り加工もあります。
ホットスタンプ
(箔押し)
シールの表面に、金箔(銀箔)を押す加工で高級感のあるシールになります。金箔以外にも銀箔などもあります。
ハーフラミネート加工 シールに半分だけラミネートを施し、残りの半分は、お客様が必要事項を記入してから剥離紙を剥がして、 ラミネートを貼り合わせることが可能です。
お名前シールや自転車シールなどに効果を発揮します。
エンボス加工 シール紙そのものに印刷するのではなく、版を押し当てることで表面に凹凸をつける加工です。 文字や模様の浮き出し効果を出したいときに使用します。
ポッティング加工 印刷したシール紙に透明樹脂を盛り上げて印刷する方法です。立体的かつクリアな印象を持たせることができるため、 ブランド名を浮き出させたいときに効果があります。
スクラッチ加工 印刷シール紙にスクラッチ用のインクを印刷。コインなどで削れるため、ゲーム性の高いキャンペーンなどに使用することが可能。
ミシン加工 シール及び台紙にミシン目を入れ、シールを簡単に切り離すことが可能になります。ポイントカード用のシール等に使われたりします。
粘着剤(のり)
シールの粘着面です。使用目的に応じた糊の種類があります。

普通糊 一般的な糊で、多くの材質に使われています。
通常使用されるシールはほとんどがこのタイプです。
強粘糊 普通糊よりもさらに強力な粘着力のあるタイプで、一度貼ると貼り替えできないので注意が必要です。 粘着が強い分、糊の厚みがあります。 剥がしたくない時、剥がれやすい場所(冷蔵品、木材、ゴムなど)に貼る事ができます。
弱粘糊 接着力が弱い糊です。一時的に貼っておきたい時、あとでキレイにはがすことができます。 水や特殊溶液に浸すとはがれるリサイクル対応のタイプなどもあります。 段ボールに貼る荷札シールや、箸などの帯シール、一時的な期間のみ貼付するシールなどに使用されます。
再剥離 何度か貼ったりはがしたりすることが出来る糊です。剥がしても糊のこりしないので、汚したくない商品に貼っても安心です。 メモシール、付箋シール、宅配便の不在ご案内シールなどに使用されます。
粗面用 場所が凸凹の面に貼るシールに最適な糊です。
冷食用 冷凍保存したい物に貼るシールに最適な糊です。
繊維用糊 衣類などの繊維素材に貼るシールに最適な糊です。剥がしても、素材に糊が残らないので、衣類のサイズ表示シール、 スタッフパスシール等に広く使用されます。

台紙(セパレーター・剥離紙)
シールの貼ってある紙です。台紙は剥離性能、表面平滑性、対カール適正などがあります。 色や形、用途に合った最適なシールをご提案いたします。 ご不明な点についてはお問い合わせください。 ※その他、特色刷、特殊シールにも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。