封筒印刷【envelope】
封筒のサイズ・名称
封筒のサイズ(寸法)はJIS規格で定められています。 縦・横のサイズによって「長形」「角形」「洋形」の3つに大きく分類されています。

A-plus 長形封筒 長形封筒
「なががた」と読み、縦の長さが、横の長さの2倍程度ある封筒のことです。
定形郵便規格で一般的によく使われるのが、長3封筒で、A4サイズの書類を
三つ折りにしてちょうど収まる大きさです。

角形封筒 角形封筒
「かくがた」と読み、長形よりも横の比率が大きい形状です。
A4書類用によく使われる角2封筒は、書類を折らずに入れられるため、
ビジネスに適した封筒です。 サイズは豊富ですが、ほとんどが郵便定形外です。

A-plus 洋形封筒 洋形封筒
「ようがた」と読み、細長いタイプの封筒で長辺に封入口がある横型の封筒。
フタ(フラップ)が三角形のものをダイヤ貼り、四角いものをカマス貼りといい、
2種の貼り方があります。

封筒お問い合わせ:
封筒の貼り方
封筒の貼り方 -和封筒-

名称 形状 紙質・価格(印刷なし・税別)100枚
センター貼
(中貼り)
A-plus 封筒_センター貼 封筒の裏面の中心で貼り合わされている貼り方で、
和封筒(長形封筒や角形封筒などタテ型の封筒)の
オーソドックスな貼り方です。
ヨコ貼
(サイド貼り)
A-plus 封筒_ヨコ貼 封筒の裏面の右に貼り部分がある貼り方。
中心に貼り合わせがないため平均的に力をかけることができ、 きれいに印刷が仕上がります。表裏印刷面が有効に使えます。

封筒の貼り方 -洋封筒-

名称 形状 紙質・価格(印刷なし・税別)100枚
ダイヤ貼 A-plus ダイヤ貼 ひし形の紙を3方から中央に折り返して貼り合わせて
います。
フタが三角形になり、紙厚の段差面が多くなります。
カマス貼
(マッペ貼)
A-plus カマス貼 封筒ウラの左右折り返しの両端で貼り合わせています。
フタは平行な帯状となり、紙厚の段差面が小さく印刷面
が広く使えます。
窓付き封筒
長3、長4、洋長3、洋4タテ、洋5タテ、洋6タテ、洋2タテ、角8などに窓付き封筒があります。

※窓の寸法は郵便法で45×80mm以上と規定されています。

封筒お問い合わせ: